東南アジアで働く女性が彼氏にしたい男性と出会えるおすすめの場所

公開日: : 最終更新日:2017/04/16 タイの事情, フィリピンの事情, ベトナムの事情

IMG_20170311_201008

 

だいぶ求人状況がよくなってきたとはいえ、ブラック企業も少なくない日本。

高橋まつりさんで有名になった電通がいい例ですね。電通だけではなく、大企業から中小企業まで過酷な労働環境の企業は少なくありません。

このような過酷な労働環境や少子高齢化で閉塞感の漂う日本ではなく、海外で働くことを選んだ若い女性が増えてきています。

私は3年間ベトナムのホーチミンで暮らしていますが、本当に、働く若い日本人女性が増えてきました。

解放感のある南国で、経済成長が実感でき、若い人が多い国。いきいきと働いています。

日系企業でも仕事は日本ほど厳しくなく、ほぼ定時で帰ることができ、もし厳しくていやになっても転職するのが日本よりも簡単。

ライフワークバランスを重視し、海外での生活をしたいという若い女性にとっては、タイやベトナムといった国で働くことを選ぶのは人生が謳歌できます。

昨年放送された「幸せボンビーガール」でタイ・バンコクでの生活を楽しんでいる若い日本人女性の様子をご覧になった方もいるのではないでしょうか?

ここまでは、男性も同じですが、タイやベトナムといった東南アジアで働く日本人男性と女性の大きな違いがあります。

それは男女交際や恋愛についてです。

日本人は男性も女性も非常にもてますが、そこからの進展に違いがあるのです。

日本人男性は、言葉や生活習慣といったことを気にしなければ、東南アジアの女性との交際には積極的でしょう。

若く、かわいい女の子たちが非常に親切にしてくれ、よく尽くしてくれるということで交際して現地女性と結婚する日本人男性も少なくありません。

タイやベトナムの女性たちにとっては、自国の頼りない男と結婚するくらいなら、経済力のある日本人男性との結婚を選ぶ。という人も多いのです。

一方で、若い日本人女性にとって、現地の男性は恋愛対象になるでしょうか?

東南アジアは基本的に女性のほうがしっかりものが多く、企業で働いている人も男性よりも女性のほうが多いくらいです。

男性はといえば、もちろんしっかり者もいて企業で働いている人もいますが、タクシーやバイクの運転手、果ては昼間からコーヒー飲みながら将棋をしているような、何をしているのかわからないような男も多いです。

はっきりいうと、東南アジアでは男より女のほうがしっかりしていて、経済力もあるのです。

それに、豊かになってきているとはいえ、タイもベトナムもまだまだ収入は日本人には及びません。

どんなにイケメンでやさしくても、日本人女性が経済的に頼りない現地の男性を恋愛対象とするのは難しいのではないでしょうか?

それでは日本人男性はどうか?というと、現地で働いている日本人男性は、駐在員が多いです。

駐在員の場合、既婚者が多く、うまくつきあえても、既婚であることを隠されていた。という話はよく聞きます。

日本人男性との出会いの機会を探そうにもつてがないとなかなかないので、日本人男性と出会う機会は限られてしまい、人によっては焦った行動をとってしまいがちです。

若くて恋愛がもっとも楽しい時代に、出会いの機会が少ないというのはとてももったいないですよね。

どうしたら出会いの機会を増やせるのでしょうか。

私がおすすめするのは、海外移住者向けのSNS、Internations(http://www.internations.org)が主催している国際交流パーティーです。

私もたまに、国際交流、あわよくばいい出会いがないかなと期待して参加しています。

先日私が行ったパーティーの様子をご紹介しましょう。

場所はホーチミン市1区の中心部にあるこのビルの屋上のルーフトップバーでした。

IMG_20170311_190323

最上階に行くと、このようにホーチミン市の夜景を見ながらお酒を楽しめます。

IMG_20170311_191505

 

 

参加者はいろいろな男性が来ていましたが、欧米人が多かったですね。日本人は男性も女性も参加していましたし、韓国人やシンガポール人の方もいました。

 

IMG_20170311_191211

 

 

参加費用は、日本円で1500円、そして公用語は英語になります。

最初のドリンクは参加費に含まれていますが、追加で頼むと一番安いビールでもいっぱい500円でした。

 

ホーチミンでは比較的高いバーになります。

ポイントは英語が公用語で、参加費もそれなりに支払うということです。

要するに英語が話せるだけの教養があり、そして比較的高い参加費用でも参加するという人が来ているということです。

 

そこらへんのタクシーの運転手とか警備員といった人は来ていません。

比較的裕福な、そして社会的身分も高い人や欧米人移住者が集まってくるのです。

 

私がこの日出会ったのはシンガポール人の会社経営者、外資系企業にお勤めの男性や女性たちでした。

最近凝っているカメラについて、カメラが趣味というベトナム人女性と話をして仲良くなることができましたよ。

 

彼氏探しということでなくても、英会話の練習相手を探すという場所としても有効でしょう。

 

さて、このパーティーを主催している海外移住者用のSNS,Internations(http://www.internations.org)ですが、

facebookのようにネット上の交流はもちろん、月に1度程度、世界300都市以上で交流パーティーが開催されていて、外国人と出会えるきっかけになります。公用語は英語ですので、英語が話せれば、コミュニケーションに困るということはありません。

ベトナムですと、ホーチミンやハノイ、タイですとバンコクやチェンマイ、プーケット、そして日本では東京や大阪、名古屋でパーティーが開かれています。

もちろん多くの日本人もメンバーになっていますし、無料で参加できます。

月に1回開催されているので、12月にはクリスマスパーティーもあります。
英会話の練習と出会いを求めて、外国人と友達になれる海外SNSのクリスマスパーティーに参加した

今は海外で生活している日本人も多いですが、現地で友達がいなかったり、交際相手となる人がいなくてさびしいという方におすすめします。

せっかくの海外生活、多いに楽しみたいものですね。

海外移住者向けSNSInternations(http://www.internations.org)の特徴やメリットは下の記事もご覧ください。

外国人との出会いの機会や友達がほしい方に。海外移住者専用SNSのInternationsとは

関連記事

7754755048_7c33499a3f_z

サトレストランシステムズ、日本亭、サハグループが合弁してタイで日本食レストランを展開

  化粧品や衣料品などを製造、販売するタイ最大の製造業のひとつ、Saha group

記事を読む

14827455495_fd70554692_z

タイのエアアジア、路線拡大と頻度増加のためパイロット70名を雇用

9月1日から、エアアジアが東京(成田)ーバンコク間を1日1本、大阪(関空)ーバンコク間を1週

記事を読む

asian3

アジア系女性のスタイルの変化

私が住んでいるベトナムは美人が多いです。黒髪を長くのばし、胸が大きく、そんな子が薄着にホットパンツ、

記事を読む

8363570635_b489378388_z

軍事政権下のタイへの日本人観光客の動向

軍事政権となったタイは、今年日本からの観光客を大幅に減らしました。日本の旅行業者は、戒厳令がいまだに

記事を読む

vietnam-girls-and-long-dresses-6

ベトナム人女性とデートする前に知っておくべきことの全て

ベトナムの女性たちのわかりやすさ ベトナムが東南アジアなので、タイやインドネシアと同じ仲間

記事を読む

asianwoman4

独身のアジア系女性:どこで理想の女性を見つけられるか

独身のアジア人女性を見つけることは外国人男性にとって大変なことです。 Single Asian W

記事を読む

7536564822_dca2f5520e_z

タイと日本の中小企業基盤整備機構、協力に関する覚書を締結

タイの中小企業の振興のために、タイは日本の中小企業基盤整備機構と協力に関する覚書を締結しまし

記事を読む

dsc8051-2000x1335

世界各国の料理を習いたいときに、外国人講師の料理教室紹介サービスTADAKU(タダク)

海外旅行に行ったついでに現地の名物料理を食べたらとてもおいしく、日本でも食べたい。できたら自分で作っ

記事を読む

DSCN2283

バンコク・テーメーカフェから徒歩5分と近い、JF無料のおすすめホテル+お持ち帰り体験談

パラディソ ブティック スイーツ つい先日、タイのバンコクに夜遊び旅行に行ってきました

記事を読む

thai

欧米人男性が考えるタイ人女性の魅力とは

タイ人の女性は、日本人だけでなく、欧米人の男性にも魅力的に映るようです。 いったいどこにタイ人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  • タイ・ブログランキング
  • PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP ↑